0

地域リハ活動支援推進のための人材育成研修会(導入研修)のご案内

現在、各地で地域包括ケアシステムの構築が加速する中で、言語聴覚士に関しても介護予防事業や地域ケア会議への参画が進んでおります。本士会も昨年度より地域で活躍できる人材育成のための研修会を開始いたしました。この度、初期研修を修了または免除者を対象に地域包括ケア推進コースの導入研修を下記の要項で予定しております。

本研修では、各地域で地域ケア会議に参加するにあたり、地域ケア会議の目的や資料読み解き方、実際に地域ケア会議の進め方などを学んで頂きたいと考えています。

なお、導入研修修了者には日本言語聴覚士協会から修了書が発行されます。

 

「地域包括ケア推進コース」導入研修案内状

 

小松島病院 中村吉伸

 

広告
0

第16回徳島県PTOTST合同研修会 報告

11月12日に第16回徳島県PTOTST合同研修会を開催いたしました。

今年度は全国的に自立支援型ケア会議の開催が急増している背景を受け「地域ケア会議」をテーマに掲げました。

午前中は鳴門市長寿介護課の中健太郎氏から鳴門市における地域ケア会議の目的と運用のポイントについてご講義頂きました。

鳴門市地域包括支援センターの松畠栄作氏からは自立支援に向けた地域ケア会議の取り組みと効果について事例紹介を交えながらご講義頂きました。

その後、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士からみた自立支援のポイントについて各士会から1名ずつ報告しました。

 

 

午後からはグループワークを実施しました。2症例を提示し、自立した生活を阻害する要因や課題に対する支援内容、達成可能な目標の設定といった内容について、議論して頂きました。

 

今回の研修会の特徴として、参加者の約6割と本当に多くの介護支援専門員や行政職の方がお越し下さいました。各地域における自立支援に向けた取り組みは今後一層加速することが予想されます。本士会からも多くの会員がこのような研修会に参加して頂けることを願っております。

小松島病院 中村吉伸

 

0

ICT講演会

講演会『AACにおけるICT』(仮)

 

今年度、学術部の研修として高橋先生にAAC(Augmentative and Alternative Communication;拡大代替コミュニケーション)におけるICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)の活用について講演して頂きます。高橋先生はiPadを用いたコミュニケーション支援や環境制御について、実際に各地のSTと連携を取られ、利用者様に活用されております。小児・成人の両分野で活躍されておられます。

また、日本言語聴覚士協会の実務者講習会でも講師を務められております。今回、徳島に来られるという事で、県士会で講演会をして頂けることとなりました。成人・小児の両分野で活躍されている方ですので、とても勉強になると思われます。

是非、多くの会員皆様の参加をお待ちしております。また、多職種の皆様にもお声かけて頂き、共通知識が持てればとと思います。

 

講 師:高橋 宜盟 先生  (一般社団法人 結ライフコミュニケーション研究所 理事)

内 容:AACにおけるICTの活用について

日 時:平成29年11月17日(金) 19:00~20:00

場 所:田岡病院 2階研修ホール

参加費:無料(徳島県言語聴覚士会会員)  1,000円(他県士会員、他職種)

6,000円(徳島県在住の県士会員外ST)

*FAXまたはメールでの参加申し込みをお願い致します。

メールの場合は下記のe-mailに、FAXも下記の番号に、

「所属・勤務先」「参加者ご芳名」「連絡先」を記載して下さい。

また、タイトルに「ICT講演会参加申し込み」を記載して下さい。

田岡病院 リハビリテーション科 須賀     <mail add:taokast@gmail.com>  <FAX:088-655-3077>