第16回徳島県PTOTST合同研修会 報告

11月12日に第16回徳島県PTOTST合同研修会を開催いたしました。

今年度は全国的に自立支援型ケア会議の開催が急増している背景を受け「地域ケア会議」をテーマに掲げました。

午前中は鳴門市長寿介護課の中健太郎氏から鳴門市における地域ケア会議の目的と運用のポイントについてご講義頂きました。

鳴門市地域包括支援センターの松畠栄作氏からは自立支援に向けた地域ケア会議の取り組みと効果について事例紹介を交えながらご講義頂きました。

その後、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士からみた自立支援のポイントについて各士会から1名ずつ報告しました。

 

 

午後からはグループワークを実施しました。2症例を提示し、自立した生活を阻害する要因や課題に対する支援内容、達成可能な目標の設定といった内容について、議論して頂きました。

 

今回の研修会の特徴として、参加者の約6割と本当に多くの介護支援専門員や行政職の方がお越し下さいました。各地域における自立支援に向けた取り組みは今後一層加速することが予想されます。本士会からも多くの会員がこのような研修会に参加して頂けることを願っております。

小松島病院 中村吉伸

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中